学会報告 その4

学会で勉強してきたことを、簡単に報告中… 
気になったトピック つづき
子宮内膜症がある患者さんへ腹腔鏡手術をする際の工夫。
 通常、カメラで子宮内膜症病変がある部分を確認して電気メスで焼くのだけれど、病変がないように見える部分にメチレンブルーという色素で染色することによってより広く病変を除去することができる、という報告。子宮内膜症でstageⅢやⅣで重度になっていなければ、子宮内膜症の病変は少ない方が妊娠しやすい、というデータもあるし、これは有用だと思いました。すぐ活用できそう。
イタリアでは宗教的な背景があるためか、受精または授精させる卵の数に制限があります。そのため、どの卵を選ぶか、というところにかなり労力を注がなくてはいけないそうです。卵子の凍結について発表がありました。卵子凍結は、精子と受精させた後の受精卵よりも安定が悪い、というのが昔の常識だったのです。ですが、大分成績が良くなっていました。受精率も、胚(受精卵)発育率も。
肥満の影響についてのディスカッションが多くみられました。
 どこの国の先生方も苦戦していました。卵の育つ環境が卵に影響を及ぼしていることが確認されていました。老化と違って自力で改善できるところではあるので、なんとかサポートしたいものです。

学会報告 その3

 さて 学会の内容はといいますと…。
大きい学会なのでディスカッションの内容は多岐に渡ります。
卵と精子の培養方法について、注射種類について、採卵の結果について、カウンセリングについて、体外受精で生まれたお子さんの経過について、手術について……などなどなど。
今回気になったトピックは。
『IMSI』という 顕微授精をする際に、顕微鏡の倍率をあげて精子を大きく見せて観察しながら精子を選ぶ方法が妊娠率をあげるぞ、ということで3、4年前ほどに大流行したのですが、
精子や卵子を取り扱う培養士さんたちが注意深く操作すれば従来のやりかたで成績は変わらない、という結論になっていました。
卵子と精子を受精させた後の培養液の内容を分析することにより受精卵(胚)のアクティビティが(元気度のようなもの)が分かる、ということで1、2年前に盛り上がりを見せたのですが、はっきり妊娠率には結びつかない、ということになっていました。“受精卵(胚)の質”を見るというのはとても難しく、現段階では見た目で判断をしているのです。それが、“機能”で判断できるようになるのかと昨年の学会のときに感動したのですが、残念でした…。
この世界にも流行り廃りがあります。患者さんに無駄な負担をかけないよう、見極めないといけないと肝に銘じました。
体外受精をする際には排卵誘発剤という注射が必要なのですが、その注射の種類により妊娠率が変わるか?という大規模な数での検討結果がありました。最近は、遺伝子組み換えを用いたpureなFSHというホルモンだけの注射剤も出ているのですが、LHというホルモン入りの注射の方がいい、というような結果でした。自分の感覚とは合っていたので安心しました。使い方なんでしょうね。。

咳喘息

咳喘息をご存じでしょうか?
風邪の症状もなく、もちろん熱もなく咳だけが出る喘息の一種です。
これがなかなか苦しい。夜も寝れません。。。
大学にいるときに一度起こした事がありましたが、何をしてもなかなか治りません。
僕の場合は、エアコンやたばこの煙などで誘発されるようです。
決してうつるようなものではないのでご安心を。

学会報告 その2

 学会は、国際コングレスセンターというところで行われました。
学会中は、曇り空で気温18度くらい。

27回目だったんですね。この学会。

去年の学会はローマであったのだけれど、だだっ広い体育館みたいなところでした。
今年は、きちんとした感じ。スタッフの対応も安心。スウェーデンだからか?素敵だったな。

学会報告(スェーデン紀行??) その1

今月初めにあったESHREという、ヨーロッパの学会に参加してきました。
スウェーデンのストックホルムという街で開催されました。この学会は簡単にいう妊娠のための診療に携わる職種の人々が集まる学会なのです。7千人くらいの専門職が集まるため、日々の診療の疑問が解決したり、おおっと思うようなことがディスカッションされたりしていて毎年行きたい学会なのです。
でも、その前にストックホルムに行ったのは初めてだったのでホテルの前を散策。。。
昔の王宮。

ストックホルムは島が集まってできている街だそうで、至る所に水のある景色。
いいなあ。北欧のヴェニスと言われているらしい(帰ってから知った…)。

???なんだっけ?  三越のライオンみたいなものかな????

☆カフェインレス ドリップコーヒー☆

 先日からカフェインレス ドリップコーヒーを販売させて頂いてます
アロマポットのカフェインレス ドリップコーヒーは、
コーヒー本来の味と香りを追求していて
深いローストによるしっかりとしたコクと苦み、
やわらかい酸味が味わえるカフェインレスコーヒーです。
ストレートはもちろんミルクや砂糖をいれても、カフェラテでも、
コーヒーが引き立つしっかりとした味わいが楽しめます
8袋入り 500円で販売しております。
サンプルもあるので興味ある方は声をかけて下さいね
実際試飲をしてみましたが、カフェインレスとは思えない美味しさです

結婚式

 こんにちは、はぎです。
先日、友人の結婚式に行ってきました。
二人ともとっても幸せそうで、
なんだか私も幸せな気分になりました。
結婚式には呼ばれてばっかりの私ですが
しっかり幸せをおっそ分けしてもらってます

リアルすぎる!

 こんにちはMICCHIです
先月のことですが、千葉の太東で街をあげての『サーフタウンフェスタ』が
行われました
3月の震災を受けて、いすみ市の消防団、および海上保安庁の協力のもと、
津波警報発令からの避難訓練が実施されました。
ちょうど、サーフレッスンでイケメン先生にビデオ撮りをしてもらっていた
MICCHI。みんな避難訓練があるとは知らずに海に入っていたため、
海保のヘリやら、巡視船が沖合で何隻も待機していたのでただならぬ
雰囲気はあったのですが、津波警報発令のサイレンで状況は一転
ヘリはぐるぐる旋回し、岸ではサーフィンの先生がものすごい声で
『上がれ!!!』と指示を出しておられました
海からあがると、訓練とは知らなかったイケメン先生がものすごい形相で
避難指示をしてくれたため、MICCHIも友達も、必死で重いサーフボードを
えっちらと担いで走る、走るっ
無事に高台までたどり着いた時には、汗まみれになってしまいました
後に、訓練の一環と知り、みんな妙な安堵感にほっと胸を
なでおろしました。
本番さながらの訓練を実体験し、日頃の訓練は非常に大切だと本当に
実感したMICCHIでした

☆癒されます☆

 こんにちはMICCHIです。
先日、実家のマンションのエントランスを通過すると、プ~ンとカサブランカの
香りが漂ってきました。
どうやらマンションのどなたかが、大きくて綺麗なカサブランカを活けて飾られて
いました
流派はちょっとわかりませんが、芳香な香りと華やかさでとても癒されました
以前、生け花を習っていたこともあり、また再開したくなったMICCHIでした
部屋に生花って素敵ですよね