卵子の質をよくするとは? ③

いままでお話したことは、”卵の質には染色体が大きく関わっているが、加齢とともに染色体の異常が増加する!”ということでした。そうすると卵の質を上げるには染色体を正常にするとよいんだ!!・・・となりますね。

しかし、染色体の異常を自分の力で、もしくは医療の力で正常に戻すことはできません。妊娠力が上がる!抗酸化作用!というサプリなど近年いろいろな妊娠に良いとされるものがありますが、そういったもので染色体の数を変えたり構造を直したりすることはできないのです。

かといって、”じゃあ自分でできることは何にも意味がないのか!”ということはありません。卵の質に関してはいろいろな見解がありますが、正常な染色体をもつ卵が生活習慣などで質が悪化することはあると当院では考えております。

よくよく言われることですが、このような健康的な生活習慣を心がけるとよいでしょう。できることから、無理なくでかまいません。例えば残業して疲れて帰ってきて、そこから料理をする→バランスよく!野菜もたくさん!!…とっても毎日なんてできないですよね。。過度に自炊にこだわらず”今日はお惣菜買って帰ろ!そして早く寝よう!”という方がストレスもたまらず、睡眠時間も確保できて健康的かもしれませんね。

当院では筋トレクラスなど運動も積極的に勧めておりますが、体を動かし筋肉をつけることで血行もよくなります。お仕事が大変で疲れ果ててしまう方、お子さんの育児に追われている方など、なかなか運動する気力が出ないことが多いかもしれませんが、1日10分からでも始められるとよいですね。具体的にどんなことをしたらいいの???という方は診察の際に看護師までお聞きいただいてもよいですし、今はYouTubeなどに筋トレ動画もたくさん載っていますので、自分ができそうなものから始めてみてもよいと思います。

男性もBMI 25以上の方は精子濃度が低下するとの報告もされています。精子も生活習慣によっては質の低下がみられますので、パートナーの男性も運動・食生活の改善・もちろん喫煙している方は禁煙などできることを始めましょう。どうしても妊娠は女性だけの問題ととらえられがちですが、通院など女性側の負担が多い中、1人だけでがんばるのはなかなかつらいものです。お二人のお子さんのために一緒に協力しあい、できることを無理なく実践できるとよいと思います。