日本生殖医学会2019から~スマホで精液検査~

引き続き、今回の学会での気になる発表をご紹介していきます。

②シンポジウム内にて、株式会社リクルートライフスタイル 入澤さんから“スマートフォン精子チェック「Seem」が実現する,男性参加型の妊活”というお話がありました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、スマートフォンのカメラを使って簡便な精液検査ができる!という商品 Seem」 が発売されております。こちらのSeemの紹介サイトで詳しい説明・動画が載っていますので、ぜひご覧ください。紹介サイトに記載がありますように、開発には男性不妊専門医である医師も携わっておられます。

なかなか不妊治療専門クリニックには行きづらい、でも自分の精液について調べてみたい…といった男性の方や、パートナーの男性に検査してほしいけど「病院で診察してほしい」と言いづらい…といった女性の方。最初の一歩!ということで、まずはこちらのSeemで精液を見てみるという選択肢もあります。

 

不妊原因として男性側にも問題がある場合、まずそのことに早めに気が付くことが大事になります。早期に気が付くことで、年齢が若いうちに不妊治療クリニック等への相談や、必要であれば治療を行うことができ、治療期間の短縮も期待できます。

このブログでもたびたびお話ししていますが、なかなか妊娠・出産に至らないカップルの半数で男性側に原因がみられます。女性だけでなく男性も検査をし、検査でわかるような原因は早期に発見することが重要になります。

シンポジウムでは実際の使用者へのアンケート結果として、Seemを使用したことでクリニックに行くきっかけとなった、男性が妊活に協力的になった、というおはなしがありました。どうしても妊活=女の人のものというイメージが世間では強いですが、“2人での妊活”コーナーとして、妊娠検査薬と並んでSeemを置いているドラックストアもあるそうです。

店頭で買うのにためらいがあれば、Amazonといった通販サイトでも気軽に購入できます。先ほどご紹介したサイトの下部に購入ボタンもありますので、興味のある方はサイトをご覧ください。

当院ですでに治療中・精液検査済みの方は、こちらを使用する必要はないかもしれませんが、なかなか妊活がうまくいかない…不妊治療をしようか迷っている…といった方への選択肢としてご紹介しました。