胚のグレード・評価について -分割胚-

胚の成長についてはすでに説明しましたが、今回は胚のグレードの評価方法を紹介します。分割胚と胚盤胞では評価方法が異なり、分割胚ではVeeck分類法、胚盤胞ではGardner分類法というものを適用しています。

今回は初期胚の分類法について説明します。

Veeck分類法

初期胚のグレードは、割球の大きさとフラグメンテーションの割合で、1~5の5段階で評価します。フラグメンテーションとは、細胞が断片化したもので、これが多くなると細胞の質が低下します。7細胞のグレード2(7-2)以上を良好胚としています。

グレード1:割球の大きさが均等で、フラグメンテーションなし

グレード2:割球の大きさが均等で、フラグメンテーションが10%以下

グレード3:割球の大きさが不均等で、フラグメンテーションが10%以下

グレード4:割球の大きさが不均等で、フラグメンテーションが10~50%

グレード5:割球の大きさが不均等で、フラグメンテーションが50%以上

1番左:グレード1 →→ 1番右:グレード5

→→右にいくにつれてフラグメンテーションが増加し、割球の大きさも不均一になっていきますね。