Q&A


AMH検査について

Q. AMH(抗ミューラー管ホルモン)検査とは??

A. 
AMHとは抗ミューラー管ホルモンと呼ばれ、発育過程にある卵巣から分泌される女性ホルモンの一種です。
AMH検査は卵巣の中にこれから育つ細胞がどれくらい残っているかを調べます。
AMHが低値ということは残っている卵の数が少ないことを表します。
AMH 低値(卵の数が少ない)であっても妊娠できないことではありません。
AMH値 = 妊娠率  ではありません
しかし、卵の数が少ないということは、妊娠できる期間が限られてくることを表します。
また、AMH値は残っている卵の数の目安であり、卵の質は分かりません。
卵子の老化は実年齢に比例するのです。
同じAMH値であっても、年齢が高くなればなるほど反応は悪くなることがあります。
AMHは月経周期に変動がなく影響を受けないため、いつでも測定(血液検査)することが可能です。
*保険適応がされてないため、費用は自己負担となります。
                                      看護部 木村 渡邉