生涯研修

先週末に医師会の生涯研修講座を担当しました。
講演内容は、生殖医療と倫理、についてです。
僕が患者さんとの体外受精の説明の時に、お話しする内容と近いものをお話しました。
会場からは質問もあり、興味の度合いを窺うことができます。
今回、このテーマにした理由として、去年のノーベル生理学賞の受賞、有名な方の卵子提供による出産、今月封切りになった映画“ジーン ワルツ”など、タイムリーな話題として取り上げてみました。
体外受精の技術をどう考えて、どのように利用するのか?
皆さんに考えてもらえるいい機会だと思います。