2018年のお知らせ

男性不妊外来について

1月の男性不妊外来は

1月5日、1月26日、とさせていただきます。

矢内原先生の診察について

12月15日(土)、矢内原先生の診察は休診となります。
代診は黄木先生が行います。

漢方外来の日程について

平成31年1月の漢方外来の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

1月8日(火)、10日(木)、17日(木)、22日(火)、24日(木)、31日(木)

年末年始休診のお知らせ

平成30年12月29日(土)~平成31年1月3日(木)まで、年末年始のお休みをいただきます。
年始は、平成31年1月4日(金)より通常通り診療いたします。
*12月から1月の周期で採卵・胚移植をご希望の方は調整が必要な場合がありますので、診察時医師にご相談ください。

漢方外来の日程について

12月の漢方外来の日程が決まりましたので、お知らせ致します。

12月6日(木)、11日(火)、13日(木)、20日(木)、25日(火)、27日(木)

10月1日より体外受精の費用が改定となります

詳しくは、受付までお願いいたします。

インフルエンザ予防接種について

治療中の方、妊娠の可能性がある方、妊婦さんでもインフルエンザの予防接種を受けても大丈夫です。
妊婦さんへのインフルエンザの予防接種については安全性と有効性が証明されています。
インフルエンザに罹らないように、手洗いやうがいを習慣化し、栄養バランスの良い食事や十分な睡眠をとり、日頃の健康管理で体調を良くすることも大切です。

風疹患者報告数の増加に伴い、風疹の抗体価の検査(血液検査)を皆様にお願いしております。

検査をご希望の方は担当医にご相談下さい。

着床不全の検査(ERA/EMMA/ALICE test)が行えるようになりました。

詳しくは担当医へお問い合わせ下さい。
参考: 着床不全について

学会発表【漢方薬はART成績を向上させる】を追加しました。

学会発表【Male's advanced age negatively impacts embryo development on short-term insemination IVF cycles with younger female patients】を追加しました。

業績に英文論文【Morphologically poor blastocysts could affect the implantation rate of a morphologically good blastocyst during a double-blastocyst transfer for patients who have experienced repeated implantation failures.】を追加しました。

培養室と胚培養士の情報を公開いたしました。

当クリニックの高度生殖医療を行なっているラボのことを知っていただくため、培養室と胚培養士のページを公開いたしました。

矢内原先生の診察について

平成30年4月より月曜日の矢内原先生の診察が変更となり、

午前も診察を行います。

2018年4月1日より黄木詩麗先生が院長に就任いたします。

2018年4月1日をもちまして院長を交代し、矢内原敦先生が院長を退任し、黄木詩麗先生が院長に就任いたします。
なお、矢内原敦先生は理事長として、これまで通り診療してまいります。
新体制の下、皆様のご期待にお応えできますよう、またより良い医療を提供できますよう、スタッフ一同努めて参りますので、変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

業績に英文論文【Single balloon aberration into the uterus despite no rapture of the fetal membranes: A case report】を追加しました。

男性不妊外来について

2月の男性不妊外来は

2月3日(土)、2月24日(土)となります。 

電話受付時間について

・月・火・水・金 7:30~19:00
・木       7:30~12:30
・土       7:30~17:00
・日祝日     なし
7:30~8:30の間は直ぐに電話に出られないこともあります。その際は再度お掛け直しください。
電話再診料として230円を次回の診察時にお支払いいただきます。