スマートフォンサイトはこちら

矢内原ウィメンズクリニックは、神奈川県にある不妊治療専門の産婦人科の病院です

当院は生殖医療専門医による診察を行っており、生殖専門医制度認定研修施設に指定されております。
※生殖医療専門医、生殖専門医制度認定研修施設については、こちらでご確認ください。

クリニックからのお知らせ

  • 男性不妊外来について

    2月の男性不妊外来は2月25日(土)です。

  • 黄木先生の休診について

    ・1月30日(月)の午前中のみ


    ・2月4日(土)


    は休診です。代診は院長が行います。

  • 漢方外来の日程について

    2月の日程が決まりましたので、お知らせ致します。


    2月2日(木)、7日(火)、9日(木)、16日(木)、21(火)、23日(木)

  • 漢方外来の日程について

    1月の日程が決まりました。


    5日(木)、10日(火)、12日(木)、19日(木)、24日(火)、26日(木)


  • 学会発表【人工授精時のサバイバルテストの結果によるCIVF 受精成績の予測】を追加しました。
  • 日本専門医機構の専門研修連携施設に指定されました。

    当院が平成29年度より、日本専門医機構産科婦人科専門研修プログラムの専門研修連携施設(地域医療-生殖)として指定されました。

  • 年末年始休診のお知らせ

    平成28年12月29日(木)〜平成29年1月3日(火)まで年末年始のお休みをいただきます。
    年始は、平成29年1月4日(水)より通常通り診察いたします。
    ※12月から1月の周期で採卵・移植をご希望の方は調整が必要な場合がありますので診察時医師にご相談ください。


世界の論文より

  • JAMA 316 (3) 2016より

    体外受精のため卵巣刺激をした女性を21年間フォローした結果、卵巣刺激は乳癌のリスクにはならないということが明らかになった。

  • Hum Reprod 2016 Apr より

    癌治療に伴う化学療法は卵胞や卵子の減少を引き起こすが、小児ではその影響が少ないことが知られていた。今回の研究では化学療法の前後において、小児の癌患者から卵胞を含む卵巣組織及び体外受精可能な卵子の採取が可能であることが分かった。

  • Hum Reprod 2016 Mar より

    抗リン脂質抗体症候群を有する妊娠反復不成功の患者では低用量アスピリンの投与により、妊娠反覆不成功率を改善することが知られていたが、抗リン異質抗体症候群ではない妊娠反復不成功の患者では、そのような改善効果は得られなかった。

休診日
木曜日午後、日曜日、祝日
診察時間
午前8時30分〜午後12時30分
午後15時〜19時(土曜日17時まで)
※最終受付時間は、午前午後とも最終時間の15分前までで終了です。(平日午後の場合、受付18時45分まで)
診察内容
不妊症、不妊治療