スマートフォンサイトはこちら

矢内原ウィメンズクリニックは、神奈川県にある不妊治療専門の産婦人科の病院です

当院は生殖医療専門医による診察を行っており、生殖専門医制度認定研修施設に指定されております。
※生殖医療専門医、生殖専門医制度認定研修施設については、こちらでご確認ください。

クリニックからのお知らせ

世界の論文より

  • Hum Reprod 2016 Mar より

    抗リン脂質抗体症候群を有する妊娠反復不成功の患者では低用量アスピリンの投与により、妊娠反覆不成功率を改善することが知られていたが、抗リン異質抗体症候群ではない妊娠反復不成功の患者では、そのような改善効果は得られなかった。

  • Obstet Gynecol 2016 Marより

    ARTによる妊娠症例は分娩時の母体合併症のリスクが高いことが知られていたが、不妊症と診断されARTを行わずに妊娠した症例においても、自然妊娠症例よりも分娩時のリスク、特に輸血のリスクが高いことが分かった。このメカニズムについては研究を進める必要がある。

  • Am J Obstet Gynecol 2016 Marより

    卵子提供による妊娠は、その他のARTによる妊娠や自然妊娠の場合よりも、妊娠高血圧症や子癇前症(高血圧による発作)となる確率が有意に大きいことが分かった。

休診日
木曜日午後、日曜日、祝日
診察時間
午前8時30分〜午後12時30分
午後15時〜19時(土曜日17時まで)
※最終受付時間は、午前午後とも最終時間の15分前までで終了です。(平日午後の場合、受付18時45分まで)
診察内容
不妊症、不妊治療