特定治療支援事業の助成拡大について

不妊に悩む方への 特定治療支援事業の 助成拡大について

1.初回の助成額の拡充

初回に限り、30万円まで助成します。
(15万円までから30万円までに拡充)
※ただし、以下の治療内容を除きます。
(以前に凍結した胚を解凍して胚移植を実施した場合、採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止した場合)

2.男性不妊治療の助成を拡大

特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣又は精巣上体から採取する手術[精巣内精子回収法(TESE(C-TESE、M-TESE)、精巣上体精子吸引法(MESA)、精巣内精子吸引法(TESA)、経皮的精巣上体精子吸引法(PESA)等を想定しています。]を行った場合に 15万円まで助成します。

助成拡大の対象となるのは、治療終了日が 平成28年1月20日以降の方となります。