矢内原ウィメンズクリニックは、神奈川県にある不妊治療の産婦人科のクリニックです

1月24日(月)より予約システムが新しくなりました。詳細はこちらでご確認ください。
不妊治療保険適用に関するお知らせはこちらご覧ください。

ピックアップ

クリニックからのお知らせ

当クリニックの論文、発表の要約
Yanaihara Research Unitより

反復不成功例の凍結胚移植における高濃度ヒアルロン酸含有培養液の有効性について

顕微鏡下精索静脈低位結紮術時における内精動静脈鑑別のためのインドシアニング リーンによる蛍光血管造影の有用性

2種類の single step medium を用いた培養成績の比較検討

当院で従来から使用している培養液と、新しく採用した培養液の体外受精での培養成績を比較検討しました。新しい培養液は従来と比較して同等、もしくはやや良好な成績を示し・・・

世界の論文から

  • 卵巣刺激方法による採卵当たりの累積生産率を調べた。日本のARTレジストリデータを用いた大規模レトロスペクティブスタディーを行った。卵巣反応が悪いグループでは、内服のみの低刺激方法と注射を併用したアンタゴニスト法と累積生産率は同等以上の結果だった。

  • 不妊原因に関わらず媒精方法を顕微授精(ICSI)とするルーチンの選択は、体外受精治療初回治療において、従来の通常媒精(ふりかけ法)と比較して、良好な妊娠および周産期の転帰をもたらさないことを示した。

  • 栄養外胚葉の生検(胚盤胞の外側の細胞を採取して検査すること)は、胚移植後12日目の妊娠初期の血清βhCGレベルを低下させる。しかし、有害な周産期合併症などの出産前後のリスク増加は認められなかった。

休診日
木曜日午後、日曜日、祝日
診察時間
午前8時30分〜午後12時30分
午後15時〜19時(土曜日17時まで)
診察内容
不妊症、不妊治療