矢内原ウィメンズクリニックは、神奈川県にある不妊治療の産婦人科のクリニックです

当院は生殖医療専門医による診察を行っており、生殖専門医制度認定研修施設に指定されております。
※生殖医療専門医、生殖専門医制度認定研修施設については、こちらでご確認ください。

ピックアップ

  • 体外受精を受けられる方へ

    2019年5月20日より
    採卵後、凍結結果の説明は胚培養士が行います。
    説明後、医師から次回についての説明があります。
    *これまでとは説明の流れが異なりますので、ご了承ください。

  • 精液検査、人工授精の予約時間について

    2019年5月20日(月)より午後の予約枠が増えます。
    14:30、15:00、15:30、16:00、16:30
    *木曜日は午前の予約のみです。
    *土曜日は15:30までとなります。

  • タイムラプスインキュベーターについて

    新しい培養システムであるタイムラプスインキュベーターを導入致しました。
    詳細は「タイムラプスについて」をご覧下さい。

  • 培養室からのお知らせ

    よくある質問に、卵子について精子についてという2つのカテゴリーを新規作成しました。患者様から日頃よく尋ねられる質問に関して、実際に卵子・精子を扱っている培養士が回答をのせています。


    矢内原ウィメンズクリニック公式ブログにて、培養士スタッフブログをはじめました。培養室の紹介から、卵子・精子についてなどなど、おはなししていきます。
    よくある質問、公式ブログともに、みなさんに役立つ情報を更新していきます。
    ぜひ一度アクセスしてみてください。

  • 電話受付時間について

    ・月・火・水・金 7:30~19:00
    ・木       7:30~12:30
    ・土       7:30~17:00
    ・日祝日     なし
    7:30~8:30の間は直ぐに電話に出られないこともあります。その際は再度お掛け直しください。
    電話再診料として230円を次回の診察時にお支払いいただきます。

クリニックからのお知らせ

当クリニックの論文、発表の要約
Yanaihara Research Unitより

ファイルメーカーを用いた日本産科婦人科学会ARTオンライン登録の簡略化

体外受精実施施設は体外受精や顕微授精を行った患者様の治療内容・結果について日本産科婦人科学会に報告する義務があります。 この報告作業を、ファイルメーカーというソ・・・

卵巣刺激をして採卵・全胚凍結を行なった直後の周期にホルモン補充周期を用いて融解胚移植を行ってもよいか?

合併症を回避する目的や仕事を持ちながら治療をしている患者さんが多いという背景から、採卵した周期でそのまま新鮮胚移植をせず、一旦良好な受精卵を凍結保存する選択肢を・・・

プロゲステロンがつくりだす免疫寛容状態

プロゲステロンというホルモンは妊娠成立する上で必須のもので体外受精治療を行う際にはよく使用されているものです。プロゲステロンは、子宮内膜を脱落膜化といって受精卵・・・

世界の論文から

  • Am J Obset Gynecol 2019 Aprより

    採卵時の母体年齢は染色体異常を伴う胚の数に影響を与えるが着床に対しては影響は与えなかった。つまり、染色体異常がない良好胚を移植した場合、流産率や生児出産率に年齢別の差はないということが明らかになった。

  • Fertility and Sterility 2019 Marより

    PCO(多嚢胞性卵巣症候群)の不妊女性患者においてレトロゾールとクロミッドを併用することでレトロゾール単独群よりも高い排卵誘発率が得られた。(レトロゾール単独群は42%、レトロゾール+クロミッド群は72%)

  • Fertility and Sterility 2019 Aprより

    培養液で胚の染色体の倍数性を検知できることが分かった。胚から採取する染色体異数性の検査(PGT-A)の検査結果と一致した。

休診日
木曜日午後、日曜日、祝日
診察時間
午前8時30分〜午後12時30分
午後15時〜19時(土曜日17時まで)
※最終受付時間は、午前午後とも最終時間の15分前までで終了です。(平日午後の場合、受付18時45分まで)
診察内容
不妊症、不妊治療