矢内原ウィメンズクリニックは、神奈川県にある不妊治療の産婦人科のクリニックです

当院は生殖医療専門医による診察を行っており、生殖専門医制度認定研修施設に指定されております。
※生殖医療専門医、生殖専門医制度認定研修施設については、こちらでご確認ください。

クリニックからのお知らせ

当クリニックの論文、発表の要約
Yanaihara Research Unitより

Fertilization by direct pressing of zona pellucida-bound human sperm onto the oocyte membrane

ヨーロッパ生殖医学会でのAssisted sperm fusion insemination (ASFI)に関する発表です。・・・

First birth following assisted sperm fusion insemination using sperm bound to zona pellucida

Assisted sperm fusion insemination (ASFI)による初の分娩報告です。・・・

夫年齢は短時間媒精のIVF結果に影響を与える

短時間媒精の体外受精を行なったご夫婦で、夫年齢を4つのグループ(30-33 歳, 34-37 歳, 38-41 歳, 42-45 歳)に分け胚発育を比較し、夫が・・・

世界の論文から

  • Human Rep 2020 Febより

    プロゲステロン(黄体ホルモン)を含有する腟剤とプロゲステロン膣ゲルを比較したところ、妊娠率に有意な差は認められないという結果が得られた。

  • Human Rep 2020 Febより

    顕微授精(ICSI)で出産した児においては体外受精(IVF)で出産した児と比較し、学業の成績は同等であるという調査結果が得られた。

  • Human Rep 2020 Febより

    肥満やメタボリック症候群のような脂肪毒性環境下は胚の発育に悪影響を及ぼすことが分かっている。この研究では、脂肪毒性環境下の牛の卵子から得られた正常の胚盤胞において転写や代謝に関わる細胞の機能が長期にわたって障害されることを明らかにし、ハッチング後の胚発育も遅延すると報告している。

休診日
木曜日午後、日曜日、祝日
診察時間
午前8時30分〜午後12時30分
午後15時〜19時(土曜日17時まで)
※最終受付時間は、午前午後とも最終時間の15分前までで終了です。(平日午後の場合、受付18時45分まで)
診察内容
不妊症、不妊治療