助成金について

当院公式ホームページ上でもお知らせしておりますが、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」の制限が拡充されました。おおまかな変更点を下記にまとめます。

厚生労働省「不妊に悩む夫婦への支援について」より

注意点として、2021年1月1日以降に終了した治療に限ります。

※治療終了日とは、1.妊娠確認検査をした日(妊娠の有無を問いません。) もしくは 2.医師の判断により、やむを得ず治療を中止した日です。

また、申請期間は治療終了日から(治療終了日を含めて)60日以内です。申請期限にご注意ください。

 

患者様の方で新たに手続きが発生することはございません。ただし、令和2年度の申請に関しては、住民税課税証明書(非課税証明書)という書類が必要となります。

また、助成回数のリセットが「一子ごと」となりますので、リセットする際には[戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)+夫婦の住民票]が必要となります。

助成枠の緩和と助成金枠拡大が今回の大きな変更点です。

詳しい内容は、下記に神奈川県のHP・厚生労働省HPのリンクがありますのでご覧ください。事実婚で助成を受ける場合に必要な書類等もこちらに記載がございます。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/cz6/cnt/f854/

神奈川県「神奈川県不妊に悩む方への特定治療支援事業のお知らせ」

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html

厚生労働省「不妊に悩む夫婦への支援について」

効果のないマスクがある?

当院では、コロナ感染対策の為、来院される患者様に不織布製マスクの着用をお願いしております。https://www.yanaihara.jp/info/2021/02/post_206.html

現在ではマスクの品薄が解消され、マスクの需要とともにおしゃれを意識したものや不織布以外の素材の製品など、様々なマスクがあります。そんな中で、なぜ不織布マスクの着用をお願いするのか?疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

“効果のないマスクがある?” の続きを読む

レスキューICSIのむずかしいところ

前回の記事で、“レスキューICSIをする・しないの基準、レスキューICSIをするのはどんな卵か”ということをお話ししましたね。今回は…

・レスキューICSIをした卵が正常に受精しなかった!なぜレスキューICSIしたの??しないほうがよかったのでは…??

・IVFをした卵が未受精だったといわれた、成熟卵で受精できる状態だったのに。なんでレスキューICSIしなかったの?

という疑問に対してお話していきます。(※今回もわかりやすさ重視のため、詳細については割愛している部分があります)

“レスキューICSIのむずかしいところ” の続きを読む

レスキューICSIって必ずするの?いつするの?

・レスキューICSIの希望を出したのにレスキューICSIしなかったと言われた。必ずするものではないの??

・採れた卵のうち半分しか受精しなかった。なんでレスキューICSIしなかったのか?すればもっと受精できたのでは??という疑問にお答えしていきます。

※レスキューICSIとはそもそもなに??ということは、こちらをお読みください。

“レスキューICSIって必ずするの?いつするの?” の続きを読む

採卵で採れる卵の分類 ①

今回は”採卵して採れる卵にはいろいろな種類の卵がある”というおはなしをします。

「5個採卵したのに1個は変性卵で2個は未熟卵でしたっていわれたけどどういうこと?」

「変性卵ってなに?未熟卵は受精できないってどうして??」

といった疑問にお答えします。

“採卵で採れる卵の分類 ①” の続きを読む

体外受精・採卵を行う方へ

患者様が“人工授精からステップアップする!”、“初めて採卵・体外受精をする!”と決めた場合、体外受精を初めて行う方向けの資料を、医師や看護師からご提示されると思います。また、医師との体外受精オンラインカウンセリングを受ける方もいらっしゃいますね。

“体外受精・採卵を行う方へ” の続きを読む

凍結胚移植についてのまとめ

今までの投稿で胚の融解やアシステッドハッチング(AHA)など、凍結胚移植に関わる事柄をいくつか紹介してきました。

関連する過去の投稿を改めて振り返りながら、今回は胚盤胞の凍結胚移植・胚凍結報告書の妊娠率表の見方について、お話していきます。

“凍結胚移植についてのまとめ” の続きを読む