凍結胚・精子の保管期限延長の手続きについて

前回は培養士による採卵後のメール連絡についてお話ししました。

今回はクリニックで新たに始まったシステムについて、お知らせがあります。

凍結胚・凍結精子の保管期間の延長あるいは破棄について、オンラインでのお手続きが開始されました。手続方法を簡単にご紹介いたします。

“凍結胚・精子の保管期限延長の手続きについて” の続きを読む

日本産科婦人科学会への報告

今回は、臨床業務以外の業務内容を1つ紹介します。

まず、生殖補助医療(ART)を実施しようとする全ての医療施設は、日本産科婦人科学会(日産婦)に施設登録する義務があり、様々な基準を満たすことで不妊診療が可能になります。

  “日本産科婦人科学会への報告” の続きを読む

胚をためることの意義

昨今、新型コロナウイルスの影響により社会では様々なところで自粛が求められています。当院でも例外に及ばず移植などを見合わせておりますが (新型コロナウィルス感染症拡大に対する当院の考え方)、採卵は行っており、胚(受精卵)の貯蓄をお勧めしています。今回はその“胚をためることの意義”についてお話します。

“胚をためることの意義” の続きを読む