医療費控除について

前回に引き続き少しお金のおはなしを…確定申告で医療費控除を行われる方もおられるかと思いますが、不妊治療(生殖補助医療)も医師の診療・治療は、医療費控除の対象(公共交通機関の通院交通費も対象)になります。

 「医療費控除」とは本人・及び本人と生計をともにする配偶者や同居する親族が、病院や薬局に支払った1年間の医療費の合計を、必要経費として「所得金額」から差し引くことができる制度です。

「所得金額」は「実際の収入の合計」から「必要経費」などを差し引いたものです。同じ収入でもかかった医療費を、必要経費として計算し、所得金額が低くなれば所得金額によって課税される所得税と住民税が減免になる可能性があります(状況によっては減免にならないこともあります)。

控除には必ず確定申告が必要になります。

  • 対象となる計算期間    1月1日〜12月31日
  • 対象となる金額

*特定不妊治療助成金の根拠となる「所得金額」は、実際の収入から医療費控除などを差し引いたものとなりますので、医療費控除を行わない場合は対象にならない収入の場合でも、医療費控除を行うことで特定不妊治療助成金の対象の金額になる場合もあり得ます。

一般的には上の図の通りですが、詳しくはお住まいの所管の税務署にお問い合わせ頂くのが良いかと思います。