培養室と胚培養士

当クリニックは、高度生殖医療(ART)を実施している不妊治療専門のクリニックです。
培養室は、皆様の大切な卵、受精卵、精子をお預かりする重要な場所です。培養室では不妊治療にかかわる下記の処置を行っています。

  • 精液検査
  • 人工授精に伴う精子調整
  • 体外受精、顕微授精
  • 受精卵(胚)や精子の凍結および融解(解凍)

これらの処置を行う医療スタッフを胚培養士もしくはエンブリオロジストと呼んでいます。普段、患者様にはご覧頂くことのできない当院の培養室内の様子についてご紹介致します。

胚培養士(エンブリオロジスト)

培養室

現在、7名の胚培養士が勤務しております。
胚培養士には医師や看護師のような国家資格はありませんが、日本卵子学会が認定している
「生殖補助医療胚培養士」という資格があります。当院では、5名が認定資格取得者で、他2名も資格取得に向け日々励んでいます。

設備・施設

顕微鏡やインキュベーターなどの機器を上手く扱うことは、卵子や精子の能力を最大限に発揮させるために重要で、胚培養士に求められるスキルの一つです。

顕微鏡


(左)検卵(卵胞液内に卵子があるか確認すること)や、胚凍結・融解などを行います。

(右)顕微授精(ICSI)や胚の観察を行います。


精液検査や人工授精に用いる精子調整で使用します。

インキュベーター


ドライインキュベーター:胚(受精卵)を培養します。


加湿型インキュベーター:主に培養液の準備に使用します。

胚凍結用タンク


胚凍結用タンク

非常用電源


急な停電が起こっても、培養中の胚に影響を及ぼさないよう備えています。

安全性

卵子や精子だけでは個人を識別することができないために、取り間違えを完全に防ぐことが私たち胚培養士の責務です。
全ての作業において安全性を維持するため、下記の対策を徹底しています。

取り間違え防止


胚を培養するディッシュには蓋だけではなくディッシュ本体にも患者様の氏名とIDを明記しています。


精子の調整時には、患者様ごとに色を分けたネームラベルを使用することで区別しています。
また、卵子、精子、胚を扱う際にはスタッフ二名で、氏名およびIDの指さし確認を行うことで取り間違えを防いでいます。

研究開発


関連学会にも積極的に参加、発表を行い、最新の知識や治療法を取り入れ、現状に満足せずより高い妊娠率を目指しています。



胚培養士求人募集をしております。
詳しくは、エンブリオロジスト(胚培養士)の採用をご参照ください。