エクササイズ

現在、妊娠出産と運動の関連について世界中の様々な論文で報告されています。

  • 運動習慣のある女性の方が体外受精の成績、妊娠率、出産率が2倍高かった。
  • 男性が運動をすることで総運動精子数が増加した。
  • 両親の肥満は子供の発達の遅れのリスクを上昇させる。
  • 不妊症の方の分娩は難産の可能性が高く、特に体外受精妊娠では4倍難産になる可能性が高い。

Reprod Biol Endocrinol 2018; 16: 11
Reproductive BioMedicine Online 2016; 33: 513-521
Fertil. Steril. 2014; 101: 1047-1054

運動による身体作りが妊娠への近道であり、安全な出産への道しるべとなるのです。

では何故妊娠・出産にとって運動が必要なのでしょうか。

筋肉は体を動かすことはもちろんですが、「血液を身体に送る筋ポンプ」や「熱の産生」等の役割も持っています。
これらは生命維持に不可欠で、その低下、減少は生体機能の低下に繋がります。そして生体機能の低下は冷えを招きます。
子宮や卵巣は生命維持の優先順位が低いために、最初に血流が滞り、その結果注射の効きが悪くなったり、卵巣機能の低下、正常卵子の減少がおこってしまうのです。
この低下を防ぐためには筋肉を強くすることが不可欠で、その方法こそが筋トレです。

筋肉強化=老化防止=生きる力がつよくなる

筋力低下は出産、子育てのトラブルも招きます。妊娠中・産後の尿漏れや出産時の出血増加、児を押しだす力がないために医療介入による出産、産後の子育てへ影響を及ぼします。

自分ではどうしていいのか分からない事もあると思います。 専門スタッフがサポート致しますので、看護婦へお声がけ下さい。

詳細はスタッフまで。お気軽に問い合わせください。