卵子凍結について

精子と出会う前の卵子を凍結し保存しておくことが可能になりました。
対象となる方は、医学的適応と社会的適応とに分けられます。


医学的適応

妊娠する前に癌や白血病などの悪性腫瘍を患い、治療や手術を行う必要がある場合、それらの治療の副作用によりその後の妊娠に大きな影響を及ぼすことが報告されています。
悪性腫瘍等の治療を行う前に、卵子を採取し凍結保存することができます。

社会的適応

女性は年齢により卵子が老化していくため、特に病気はないが将来の妊娠のために卵子を凍結しておく、という考え方です。

  • 一般的に卵子凍結による妊娠率は5~10%程度と言われています。
  • 様々なガイドラインから当院では卵子を凍結する推奨年齢は39歳以下で、受精卵を移植する年齢は原則45歳までとしています。
  • 施行前にはカウンセリングを受けて頂きます。

方法

卵子を採取するところまでは体外受精と同じ過程です。取った卵子は即日凍結致します。
体外受精・胚移植(IVF-ET)

費用

自費診療となります。体外受精の卵子採取の部分と、その後の卵子凍結を維持するにあたり年間の費用が発生します。
自費診療 料金表

ご不明な点はスタッフにお問い合わせ下さい。

参照

日本産科婦人科学会
日本生殖医学会