着床前診断(PGT)

十分に発育した受精卵(胚盤胞)から一部の細胞を取り出し、必要な検査を行う技術を着床前診断(PGT)と呼んでいます。このうち、胚の染色体の数的異常の有無を検出する技術を着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)と呼びます。

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)臨床研究について

PGT-Aとは

体外受精や顕微授精によって得られた胚を子宮に戻す前に、染色体の数の異常があるかを診断して、異常がないと判断された胚を移植する方法です。それにより移植あたりの妊娠率の上昇と流産率の低下が期待できます。欧米では流産を防ぐ目的ですでに実施されており、このたび日本産科婦人科学会の主導による臨床研究<着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究>が学会の承認を受けた施設で開始され、当院も本臨床研究に参加しております。

対象となる方

下記のいずれか当てはまる患者様を対象としております。

1.反復ART不成功
・直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠(胎嚢確認)していない方
2.反復流産
・直近の妊娠で臨床的(胎嚢確認後)流産を2回以上反復している方
3.染色体構造異常
・夫婦どちらかが染色体構造異常を持っている方

*上記に当てはまる場合でも除外項目があり参加いただけない場合もあります。

PGT-A方法

体外受精や顕微授精を行い胚盤胞まで成長した段階で、栄養外胚葉(TE)細胞の一部を生検します。胚盤胞は一旦凍結保存し、採取した細胞を外部検査機関で検査します。結果が分かるまで、約3週間かかります。検査の結果、染色体の本数に過不足のない正常胚を移植します。

PGT-Aのメリット・デメリット

メリット

 胚移植当たりの妊娠率の上昇・流産率の低減
 胚移植回数を減らせ、妊娠までの期間の短縮
 流産率の低下による身体的、精神的負担を避ける

デメリット

 胚生検時の胚の細胞採取による胚損傷の影響
 正常と判断される胚であっても流産の可能性
 誤判定率が5-15%ほどあり確定診断ではない
 胚生検や解析が不成功になる場合もある
 胚盤胞に成長しないと検査できない

留意点

 検査の精度は100%ではない、出生診断の代用ではない
 胚染色体による性別の開示は行いません

参加方法

参加をご希望される場合は、事前に遺伝カウンセリングを受けられることが必須です。ご予約の上、担当医師とご相談ください。

費用

胚盤胞1個の検査80,000円(税別)
別途、カウンセリング、ご夫婦の染色体検査、胚の凍結費用がかかります。

臨床研究としての報告

PGT-Aは、日本産科婦人科学会が「反復体外受精・胚移植(ART)不成功症例および反復流産症例および染色体構造異常例を対象とする継続妊娠率向上を目的とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性を検討する多施設共同研究」として実施しています。臨床研究というのは、対象の方にご協力いただいて、新しい治療法が有効かどうかを調べることです。PGT-Aを行った患者様に関して、日本産科婦人科学会へ治療経過などの報告を行います。報告の際には、患者様の個人情報は保護されます。また、研究参加に同意後もご希望により研究参加の撤回をすることも可能です。

染色体について

染色体は、遺伝情報を持った長いDNAが折りたたまれてコンパクトになったもので、子に代々受け継がれます。染色体の数は生物によりますが、ヒトの場合は46本あります。そのうち44本は常染色体といい、同じ種類の染色体が2本ずつ存在して22の対を成しています。

残りの2本は性染色体といい、男性はX染色体とY染色体を、女性はX染色体を2本持っています。

同じ種類の2本の染色体は、1本は母親由来の染色体、もう1本は父親由来の染色体です。つまり、1本は卵子、もう1本は精子から受け継がれます。
ヒトは卵子や精子を作り出すために、減数分裂という特殊な分裂を行います。それによって、もともと持っている染色体46本の半分の染色体23本をそれぞれ持ち、受精することで元の数に戻ります。

年齢が高くなると、この減数分裂が正常に起こらなくなる確率が多くなり、母親父親から1本ずつもらえるはずが、片方から1本しかもらえない(モノソミー)、片方から1本もう片方から2本(トリソミー)というような、染色体の数の異常が生じます。

   友だち追加